So-net無料ブログ作成

映画 日本のいちばん長い日 [戦争映画]

スポンサーリンク




今日は「日本のいちばん長い日」

WS000004.JPG

ぼくら小学生の頃の8月15日

は決まってこの映画がテレビで放映してました。


これも

東宝・新東宝戦争映画DVDコレクション

から販売されてます。

僕はそれ以前に買ってました。

戦争映画というというより

ドキュメント映画っぽいのりです。


半藤一利 が書いたノンフィクションが元です。

太平洋戦争も内容は敗色濃い

終戦直前から始まります


連合国から「ポツダム宣言」が出て

大日本帝国が無条件降伏をのむかのまないか・・・・


結果的には

天皇の御聖断もあり終戦と決まるのですが

陸軍の青年将校の一部がクーデターを画策し

森近衛師団長を殺害してしまいます。

最終的には玉音放送のレコードを奪取できず

玉音放送が放送されてしまい

クーデターは瓦解してしまいます。

ってのが粗筋。


三船敏郎 が 阿南惟幾陸軍大将 (陸軍大臣)

迫力ありました。

閣議で軍刀持ってしゃべってましたが

「周りはイヤやったんちゃうかな」と感じてました。


笠智衆が鈴木貫太郎男爵(内閣総理大臣)

なんか良識のある総理大臣でしたね。


でも一番は

反乱将校・畑中少佐役

黒沢年雄

WS000000.JPG

鬼気迫るものがありました。

他の俳優陣もいいです。

映画のつくりもいい

白黒画像がよりドキュメントタッチを盛り上げてます。


しかし

この映画で終戦間際に

特攻隊が出撃する場面があったんですが

「これ止めれなかったんかな」

と強く感じてしまいます。

そしたら死ななくてよかったのに

あの頃は正常な考えができなかったのかな。

あれは悔しく思います。

WS000006.JPG

WS000007.JPG


でもこの映画がいいのは

最後まで見て

「平和な日本でよかった」と思うところです。

見てない人は

一度見るのをお薦めします。


PS

最後に一連の「クーデター未遂事件」ですが

関係した将校は明らかに

軍法違反ですが

うやむやになったみたいです。


 ほんじゃまた(^^)/~~~





スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました