So-net無料ブログ作成

連合艦隊司令長官 山本五十六 Ⅱ [円谷英二]

スポンサーリンク




 だいぶ間が空きましたが

「連合艦隊司令長官 山本五十六 Ⅱ」です。

WS000077.jpg

ミッドウェイへ向かう日本の軍用機

WS000048.jpg

攻撃されるミッドウェイ島

WS000004.JPG

攻撃される空母・赤城

WS000005.JPG


日本軍の反撃
空母・飛竜より発艦!

WS000007.JPG

アメリカ空母
ヨークタウン
WS000008.JPG

空母・ヨークタウン撃破!
WS000009.JPG

カダルカナル島争奪戦開始
第二次ソロモン海戦

WS000010.JPG

戦艦・金剛 戦艦・榛名
ガダルカナル島へ殴り込み

WS000011.JPG

ガダルカナル島へ砲撃開始!

WS000013.JPG

WS000015.JPG

南太平洋海戦

WS000016.JPG

敵艦隊発見!

WS000020.JPG

敵空母に命中!

WS000029.JPG

燃え盛る、敵空母

WS000021.JPG

ガダルカナル島から転進

WS000030.JPG

長官機襲われる

WS000076.JPG

山本五十六長官戦死!

WS000075.JPG

いや~迫力あります。
DVDの資料を読むと当時で特撮に一億円をかけ
艦船のミニチュアを156隻作ったそうです。
でも艦船から対空射撃してるのはどうしてるのかな
花火みたいなもんやったんかな?

でも実際の山本五十六の指揮ですが

ガダルカナルという日本から5000キロも離れた戦場で

い号作戦では空母パイロットをすり減らしてしまいましたね。

結局、これ以後空母部隊は再建されず
マリアナ沖海戦で米軍かた「七面鳥撃ち」と言われるほどの
惨敗を喫します。

山本五十六戦死以後

アメリカに押しまくられます。

これは私の私見ですが
トラック島大空襲で基地能力を失ったので
太平洋戦争は勝負あったように思います。

なぜならトラック島は占領されませんでしたが基地能力の失陥で
中部太平洋はがら空きになってしまいました。

歴史でもそれからサイパン・硫黄島・沖縄と占領されていきます。

私だったらガダルカナル島からの撤退のあとは
日本海軍が昔から構想したように
前線をトラックまで下げます。

遅滞作戦でラバウルで展開するかもしれませんが
本格的前線はトラックの線にします。

でも本当にアメリカ軍には左ジャブ一発でやられました格好になってしまいました。

本気でやってたのはやはりヨーロッパ戦線です。
対独戦ですからね。

根本的国力の差です。

次は「パットン」のネタでオシャベリしたいと思います。

ほんじゃまた(^^)/~~~






















スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました